ライブ@グランチェルト(8)

う~ん… 今回も… どうだったのかなぁ… (^^;

バレンタイン前日ってことで、昔作った恋愛ソングっぽい歌をやってみたんですけど…

まあ、まずはご覧ください。
(1曲目の『おおちゃんのテーマ』と2曲目の『働かないパパ』はいつもと同じなので省略ね)

いかがでしたでしょうか? (^^;

最近は何でしょうね… 心ここにあらず? いろいろ考えすぎ?
ライブが多すぎるのかな。これで3週連続ですしね…

今回はある意味やけくそ的に「思いっきりやる!」っていうのをテーマにしてみたんですけど、結果的にはあまり良くなかったかなぁ…

バシャール的に言うと、意識が外側に向いちゃってましたね。お客さんの反応をいちいち期待しちゃって。思ったような反応が返って来ないと焦っちゃって。そうすると逆にすっと冷めちゃって、プレイ中に頭の中で「何やってんだ、つまんないぞ、何とかしろ!」って思いが渦巻く。完全に悪いときのパターン。(^^;

良いときは、例えば新曲を発表するときとか、自分自身がワクワクしてる。「ウケるに決まってる」ぐらいの気持ちでやってるし、ウケなくても関係ない。自分がやりたいことやってんだから。で、そんな時ほど実際にウケるんですよね(笑)。

ホント、世界は自分の心が映し出すイリュージョン(幻想)なんだよな。
外側に期待しちゃダメ。自分の内側、内側を整えるんだ…

 

今回の集客 0人。(^^;
大丈夫、想定内、想定内…

(いやいや、もっと良いこと想定しろよ! 笑)

 

16-02-13_001

↑ 今回の対バンの方々。

土曜ということもあり、なかなかの実力派が揃っていました。
ベテランはブレませんよね。確固たる世界観があって。さすがだなぁと思いました。

でもね…

ライブ後にFacebook等で彼(彼女)らの本音を垣間見ると、けっこう僕と同じ気持ちを抱えてる… ような気がします。

表向きは建前や謙遜が入り混じってて本当のところはわかりませんが、皆けっこう苦しんでるんじゃないかな。グランチェルトの先生も言ってました。「何百本もライブやったけど本当に満足できたのは3、4回」だと。

それでも僕たちは歌うんですよね。理想を求めて。歌じゃなくても皆さんそれぞれ自分の理想を求めて、あーでもない、こーでもない、ってもがいてる。ホント健気で愛おしい人々…

でも僕は抜け出しますよ。この「地獄の星」地球を。
だって僕は、苦しむために歌ってるんじゃない。

本当の自分になるため、皆と繋がるため、
きゃっきゃ楽しむために歌ってるんです。

絶対に行ける。いつだって、何度だって。
至福の5次元ライブに!(笑)

 

次回は 3/12(土)
良かったら応援に来てくださ~い♪ (^^)/

 

ん?
ちょっとネガティブなトーンになっちゃったかな…

もう1回動画見てみたら、そんなに悪くないよ。
言いたいことはちゃんと言ってるし。
これはこれでいい。この調子この調子。順調だよ!(笑)(^^)v

ではまた~♪ (^^)/