ライブ@グランチェルト(3)ブラックおおちゃんの小さな反抗

う~ん… 今回は… どうなの? (^^;

でもまあ、とにかく、良いところも悪いところも、すべて曝け出すってのがこのブログの趣旨なので、今回もほぼノーカット、編集なしでお届けしようと思います!

(ただ今回は、僕には珍しく1曲だけカバーをやったのですが、それは著作権等を考慮して、一応カットしておきますね)

それでは、プチデビュー後の大川卓也ライブ 第3弾、
『ブラックおおちゃんの小さな反抗』、ご覧下さい。 どうぞ!

 

 

う~ん… いかがでしたでしょうか? (^^;

 

まずはざっと反省点

1) 何が何でも間違えすぎ!
練習不足かなあ。でも家で弾いてても段々飽きてきちゃうんだよね。路上等ある程度プレッシャーのある場面で弾き込むことか。このままじゃ、場合によっては譜面台も検討だな。

2) メンタルの不安定
前回、前々回が良かっただけに、変な色気が出たかな。今回は自分の中で、変に「シナリオ」を作ってしまっていたので、その場の空気に身を任せることが出来なかった。思い通りにいかない焦りと後悔が演奏中にも頭をよぎって辛かったよ。初心忘るべからず。今ここで歌えるだけで幸せ!という気持ちだよね。

3) ギター、下手すぎ?
せっかく鼻毛虎さんにギター磨いてもらって、ネックも調整してもらって、弦も張り替えてもらって…
鼻毛虎さん、すみませ~~~ん!!(汗)

 

でもね、良かったこともあるよ。

1) サプライズなお客さん
今回、僕のお客さんは高校からの友人おかっぺ君1人かなと思ってたんですけど、最近できた音楽仲間がひょっこり3人も来てくれました。「ふらっと行くかも」と言ってた人が本当に来てくれたり、「ちょっと厳しいなあ」と言ってた人が突然現れたり。「行くって言ってて行かないと失礼だから」と気を使ってくれた人も。蓋を開けてみないとわからない集客。来ても来なくてもいい、ゆる~い集客。こういうのもいいなって思いました。今回来てくれた4人さん、本当にありがとうございました!

2) お客さんとの立ち話
で、そういうお客さんたちとライブ後に立ち話をするのが楽しい。休憩中の客席で、あるいはライブハウスの外に出て、感想やら、今後のお互いの予定やら、とりとめもないだらだらトーク。こういうのがやりたかったんですよね。青春の一場面ぽい。ああ、夢が叶ってるな…って思います。

3) すべては「大成功」のための経験
今回は自分的にはちょっとほろ苦い経験でしたが、逆に得たものも多いライブでした。どうするとダメなのか、どういう気持ちの持っていき方がダメなのか、改めて確認できましたし、それを踏まえて、すぐ次に生かすことができる今の状況。定期的にライブが出来る今を幸せに思います。

今は失敗さえ愛おしい…

そんな気分です。 (^^)v

 

DSCF1298

今回も素敵な対バンの方々でした~♪

よ~し、次回(10/25)はもっともっと楽しみますよぉ~!!


ライブ@グランチェルト(3)ブラックおおちゃんの小さな反抗」への2件のフィードバック

  1. ブラックおおちゃん、お疲れさま!!
    青春の一場面・・・・
    今は失敗さえ愛おしい… 
    なかなかの名言ですね。
    ギターの良くなってるので、オラ的には磨いた甲斐がありました。

    Good Job!!!

    1. >鼻毛虎さん
      ありがとうございます!
      少しは良くなってますかね?
      精進します。(^^;

コメントは停止中です。